一軒家と賃貸物件のリフォームの注意点はどう違う?

こんな点に注意して良いリフォームをしよう

一軒家のリフォーム、ここに注意

日本では昔から、木造住宅が多く古くなると、壊して建て直すという繰り返しでした。それに比べると欧米では50年~100年住宅が珍しくなく、日本も省資源化などの立場から長寿命化を目指すという流れになってきています。
新築の際に長期住宅を目線に入れ、設計、建築するほかに、既存の住宅もリフォームしたりして長く住むという価値観が主流になってきました。それにともなって様々な異種業者も参入し、リフォームを行う業者が全国に数多く存在します。

その中では悪質な業者もいて、トラブルがあとを絶たないのが現状です。どうやって優良な業者を見分けたら良いのでしょうか。口コミや営業トークだけでは信用できないことも多く、冷静に判断することが必要です。複数の業者で見積もってくらべるのも良い方法です。
そして、業者にも得て不得手があるので、オール電化の工事ならメーカー系だったり、水回りにはその専門の業者を選ぶなど、リフォームの規模や箇所に合わせて選ぶといい場合もあります。また、何かあったらすぐに来てもらえるように、できるだけ近くの会社を選ぶと良いでしょう。

また、訪問販売で営業してくる業者にも少し注意が必要です。すべてではありませんが、悪質な業者も中には存在します。大抵は「すぐに工事しないと大変なことに」「明日までならこの価格」などと消費者を焦らせるような手口を使って、しなくてもいいような工事を高額で行うなどの被害にあう可能性があります。

リフォーム業者選びに気をつけよう

一昔前までは、日本の住宅は30年ほどで建て替えが主流でしたが、最近は一軒家もリフォームして長く住むという傾向に移り変わりつつあります。既存住宅のリフォームは意外に難しく、法規制もあります。 一軒家のリフォームでの注意点はどんなところでしょうか。

賃貸物件でもリフォーム可能なことがある

長い間、賃貸物件は現状回復の義務があり、くぎ一本させないようなイメージがありましたが、最近はそういう物件ばかりではありません。それでも一軒家と違う賃貸ならではのメリット、デメリットがあります。賃貸のリフォームではどんなことができるでしょうか。

DIYやプチリフォーム

最近のDIYブームで、便利な道具やアイデアが出回り、簡単なリフォームなら業者に頼らなくても、自分でできるようになっています。例えば和室を洋室に変身させたり、壁や床を好みのものに替えたりといったものです。プチリフォームなどと呼ばれるアイデアと、注意点を少しご紹介します。