>

リフォーム業者選びに気をつけよう

一軒家の増改築、ここに注意

リフォームとひとことで言っても、特に一軒家ではいろいろなものがあり、増改築する際には、建ぺい率、容積率といって敷地面積に対する建物面積や延床面積の割合や、斜線制限、日陰規制など建築基準法で決められていて、建築確認申請が必要です。
申請などにも時間がかかるので、余裕をもって計画するようにしましょう。また、登記も一カ月以内にすることになっていて、手続き費用もかかります。
そして増改築する際に、間取りを工夫したり、バリアフリーを取り入れたりするのは一般的ですが、意外に見落としがちなコンセントの数と位置にも気をつけましょう。
子供部屋なども成長に合わせてコンセントの数が必要になってくる場合が多いので多めに設置できるといいですね。

水回りなど一部のリフォーム

トイレやお風呂の設備の交換や、キッチンの交換など、一部だけのリフォームでも増改築等工事証明書がリフォームローンなどの減税制度で必要になります。建築士が在籍するリフォーム会社なら自社で発行できますが、いなければ第三者に依頼しなくてはならず、その分費用も高くなってしまいます。
また、一軒家のリフォームは家の中だけでなく、外壁や屋根といった部分まで視野に入れなくてはなりません。家を長持ちさせるためにメンテナンスが必要ですが、そのたびに足場内など経費がかかってしまうので、なるべくまとめて行うようにするのがポイントです。
家の中のリフォームも細々と分けて行うと、結局再度同じ部分をやり直すことになったりしがちなので、計画的に行うことが大切です。


この記事をシェアする